プロフィール


         岩本 恵理
         岩本 恵理

岩本 恵理

 

ピアニスト

 

奈良市出身。相愛高校音楽科を経て、相愛大学音楽学部ピアノ専攻を首席で卒業。

ロームミュージックファンデーション、野村国際文化財団の奨学生として、約8年にわたりヨーロッパに留学。

ポーランド国立ワルシャワ・ショパン音楽院、スイス国立ベルン芸術大学コンサートクラスを最優秀の成績で卒業。その後、バーゼル音楽院ソリスト・ディプロマコースにて、スイス国家認定ソリスト資格を最優秀の成績にて取得し卒業。また同時に、ジュネーブ音楽院大学院室内楽科を卒業。ヴェローナ音楽院博士課程でも研鑽を積んだ。

2001年、第9回ミロシ・マギン国際ピアノコンクール(フランス)で第1位グランプリ受賞。 併せて特別賞受賞。

2005年、第6回シマノフスキ国際コンクール(ポーランド)のピアノ部門で、最優秀シマノフスキ演奏賞を受賞。

ユーディ・メニューイン音楽祭(スイス・グスタード)、ショパン国際音楽祭(ポーランド各地)、シューベルト音楽祭(イタリア)、ヴィアナ・ド・カステロ国際音楽祭(ポルトガル)をはじめ、ポーランド、フランス、スイス、ポルトガル、イタリア、日本の各地で、オーケストラとの共演をはじめ、音楽祭やリサイタルに定期的に出演。

ポーランドのショパンの生家(ジェラゾバ・ヴォラ)、ラジヴィーウ宮殿(アントニン)、ワジェンキ公園の夏のショパン・リサイタル・シリーズ(ワルシャワ)や、パリのインスティテュート・ポロネーズ、パリ・ユネスコから招待を受けポーランド音楽を集めたリサイタルを行うなど、ポーランド音楽における評価が高い。2008年には、シマノフスキのピアノ作品を集めたCDをポーランドの出版社Acte Prealableからリリース。そのCDはポーランド全国紙や音楽雑誌で高い評価を受けた。2009年春に、シマノフスキ作品のみを集めたリサイタル「シマノフスキの軌跡」を東京・大阪・京都で開催、NHK「FMクラシック」等に出演
。その活動に対して、橋下徹大阪府知事(当時)より大阪文化祭賞奨励賞を授与された。

 

2011年より、英国人作曲家アンディー・ハリスと協力し、2012年7月にポーランドの出版社DUXより「Andy Harris ピアノ4手連弾曲集」をタマラ・グラナドと共演し出版。以来、ポーランドで30年以上続くピアノ・デュオDuo GRANATのメンバーとして活動。

これまでピアノを羽田久美子、辻本澄子、バルバラ・ヘッセ=ブコフスカ、トーマシュ・ヘルブト、フィリッポ・ガンバ、ヴィルジーニョ・パヴァラーナの各氏に、室内楽をイヴァン・モニゲッティ、ギ=ミシェル・カイアの両氏に師事。 チェンバロ、フォルテピアノ、通奏低音をディルク・ベルナー氏に師事。

また、ピョートル・アンデルシェフスキやフー・ツォンなど、世界的に著名な演奏家の指導も受けている。

現在、ポーランドを中心に演奏活動を行い、ウッチのバツェヴィッチ音楽大学にて専任講師を務める。 

 

 

ブログ  Erissimo

http://eriiwamoto.blog117.fc2.com

 

ピアノ・デュオ  Duo Granatの活動

http://eriiwamoto.jimdo.com/duo-granat/

 

 

What's New

Andy Harris Wasteland
Andy Harris Wasteland

New Release!

 

Listen to it from here!

http://eriiwamoto.jimdo.com/photo/movies/ 

 

Eri Iwamoto-Bukowian's new CD information.

 

Andy Harris
WASTELAND - Music for Piano, Four Hands

Wasteland(1998), 
Preludes-Mirrors and Images(1994-2001),
Preludes-Lines(1993-1999),
The Silence of Peace(1997),
Two Scenes from Nature(1974)

Perfomer:
Tamara Granat
Eri Iwamoto-Bukowian

Publisher:DUX